テレクラは熟女・人妻の「出会いの宝庫」 – www.saintelizabetheurekasprings.com

テレクラで狙いやすいといえば熟女・人妻です

テレクラで狙い目の女性は何と言っても熟女・人妻でしょう。
若い子を口説き落とすには時間が必要です。
時間をかければいいというわけでもなく、時間をかけても浪費・徒労に終わる確立は限りなく高いと思われます。
そのことを無駄な努力と考えるのか、成功への道程と考えるのかは、人によりけりでしょうが、切羽詰った性のエネルギーを直ちに放出させたい男子にとっては、熟女・人妻へ向かったほうがリスクは少なく、努力は報われるのではないでしょうか。

後腐れなく出会いやすい

特に人妻はセックスに対して考え方がポジティブです。
一旦、相手男性を信用すると、後腐れなく付き合うことも可能です。
若い子の場合は、気に入ると「恋愛」に変わっていく可能性もあり、「遊び」としか考えていない男性にとっては厄介なことになりやすいのです。

人妻の場合は、現在の生活を壊す気はありません。
性的欲求だけが満たされればいいのですから、まさに男性が恐れる「後腐れ」なしで付き合うことができます。
そのため、人妻をセフレ化する動きも活発になっています。
テレクラでも人妻をウリにしているサイトも多数見られます。
需要と供給がマッチした経済学の論理がここでも発揮されています。

どんな会話をしたほうがいいの?

テレクラに電話が繋がっても「どんな会話をしたらいいのかわからない」という男性が多いようです。
何らかの対策を考えずに、このままの状態を放置していると、熟した果実を食することはできません。
そのためにはどうしたらいいのか、ここで考えましょう。

■先ずは相手を誉めることから始めます。
何を誉めればいいのでしょう、それは名前や声を誉めるのです。
「かわいい名前だね」とか「セクシーな声」とか言ってやります。
たとえかわいくなくても、誉められて気分が悪くなることはありません。
「頑張ってるんだな、えらいよ」など、誉める箇所はいろいろあります。

■相手の会話を否定しないこと。
長く付き合っているのであればいいでしょうが、初対面の相手に対して、否定語はNGです。
否定語を使うと、「この人は敵だ」と認識されてしまい、今後の発展は望めなくなります。

■質問をしてみます。
仕事や家庭環境について聞き正すことはご法度です。
趣味についての質問が一般的です。
もし女性の口数が少なかったら、趣味の話には乗ってくるでしょう。
インタビューではないので、終始質問攻めにするのは避けましょう。
二、三聞いたら、後は話を膨らませます。

テレクラで成功したければ経験を積むことです。
俗に言う「場数を踏む」ことが求められます。
場数を踏むことによって女性との会話に「慣れ」ますから、会話が楽しみになってくるのです。
こうなればしめたもの、成功率は飛躍的に上昇していきます。
何の分野においても、理論よりは経験です。
経験に裏打ちされた理論はより強固となります。

喜ばれる会話内容

テレクラでの狙い目は人妻ですが、人妻と電話が繋がった場合、どんな会話をしたらいいのでしょう。
電話の相手が「独身」と言われるよりは「人妻」と言われた方がドキドキ感は違います。
なので、緊張感から話題にも困ってしまいます。
そんな時は昼のテレビドラマの話題はどうでしょう。
人妻は昼のドラマは欠かさず見ています。
「どんなところが気に入っている」のかを質問してみます。
人妻=昼ドラという構図は昔からの定番です。
昼のテレビドラマを男性が見るという機会は少ないことでしょうが、予備知識として見ておいたほうがいいでしょう。

電話での会話の内容は、スイーツなんかもいいでしょう。
女性はとかく甘いものが好きです。
「○○デパートの……」よりは全国で売っているコンビニのスイーツ、またはお取り寄せスイーツの話題が好まれます。
住居を特定される店よりは「全国展開している店」のほうが、警戒心はないことが要因なのでしょう。

ほとんどの女性にはダイエット経験があります。
ダイエットの話題も好まれます。
成功・不発に終わった例なども話題にしてはどうでしょう。
熟女・人妻に限らず女性全般に占いは受けます。
誕生日・血液型占い、名前の画数占いなど、占いに詳しくなければ聞き役に徹して彼女を和ませましょう。

絶対避けたほうがいい話題は亭主に関することです。
女性が愚痴りたいために、自分から話題にした時は別ですが、男性側からあえて話題にすることはだめです。
男性が仕事の愚痴なんか言おうものなら、避けられること請け合いです。
亭主を避けるためにテレクラに来ているのに、「お前もか」ということになってしまいます。

「人の印象は数秒」で決まることが知られています。
数秒で決まった印象は、後々「訂正されることはない」というのが心理学の定説です。
となれば、電話が繋がった瞬間からの数秒が勝負ということになります。
最初の数秒の口ごもりやとちりが、その後の明暗を分けるとしたら、疎かにはできません。
電話が繋がったら先ずは挨拶から、そして名前・住んでいるところ・年齢・仕事など、差しさわりのないところまで告げてみましょう。
この程度の情報で、相手からも同じような情報が得られます。

紳士的な態度を見せることによって、相手の信頼を得ることができます。
最初の数秒で成功への道筋ができてきます。
あとは、前述した趣味の世界へスムーズに進みます。
日ごろ、考えていることが上品だと、言い回しや態度から相手にもそれが通じると思われます。
正直に言ったことで誉められる人と、疎まれる人がいます。
運がいい・悪いではなく、どんな人がよく思われるのかを、日ごろから研究することが必要と思われます。