テレクラは熟女・人妻の「出会いの宝庫」 – www.saintelizabetheurekasprings.com

テレクラでお金持ちのセレブを狙ってみる

02.06.2014 (2:51 pm) – Filed under: 狙い目女性 ::

セレブ系の熟女はどんどん増えている!?

今の世の中、社会的地位を確立して成功している女性が本当に多くなってきていますね。
女社長も珍しくないですし、自分で積極的に事業を立ちあげたり、大企業で男性サラリーマン並みの業績を上げたり。
って女性も、たくさんいるようです。

仕事一筋、という女性は増えてきていて、そういった方達は結婚をしない人も増えているようです。
そして、彼女達は『セレブ熟女』と呼ばれているのです。
こういったお金持ちのセレブ熟女は、仕事に全てを懸けてきて、一生懸命に自分の地位を築き上げてきているわけですね。
ですから、「恋愛をする暇が無かった」という方も珍しくありません。

中には、結婚していたけれど、仕事を優先しすぎて、家庭が壊れてしまったケースもあります。
いわゆるセレブと呼ばれている中年女性には、バツイチも多いような気がします。

セレブ熟女は、遊んでくれる男性を探している

実はこのセレブ熟女の中には、若い男性とデートがしたい、セックスがしたい、という願望を強く持っている人がたくさんいます。

考えてみれば当然ではないでしょうか。
結婚や恋愛よりも仕事を頑張ってきた女性たちなのですから、その歳になってふと気付いたときに、やはり寂しさや虚しさを感じる人も、多いみたいなんですね。
自ら進んで男性と関係を持とう、と積極的に動いている女性もたくさんいるようで、このような人の中には、男性に金銭的な援助をする代わりに、デートやSEXをしてもらう、という人もみられます。

テレクラで、デートをしてくれる若い男性を探して、実際に関係を持っているという人も、実は多いのです。
彼女達の心境はさまざまかもしれませんが、恐らくお金で買える恋愛やセックスは、ある程度の年齢を重ねた自分自身にとって、かなり魅力的なものなんでしょう。

彼女らにとっての遊びの価値・男性の価値

セレブ熟女と呼ばれる女性にとって、男性に貢いだり、Hしたりという「遊ぶ」の価値は、何なのでしょうか?
単純に『金持ちの道楽』と言ってしまえば、それまでですが、男とは違って女の場合は、もっと真剣な遊びなのかもしれません。

女性というのは、年齢を重ねていけばいくほど、『自分自身の女性の価値』について、シビアに考えるものです。
「女として見られたい」「女性としての快楽を得たい」「若い時と同じように楽しめたら」という想いは、男性のそれよりも深いものがあると思うのです。
それを埋めてくれるのが、若い男性との交際だったりするんですね。

その事を踏まえて、キチンと理解を示してくれる男性ならば、お金持ちのセレブ熟女にも、気に入られやすいですよ。

テレクラで完璧な女性を演じる美人局(つつもたせ)

02.06.2014 (2:50 pm) – Filed under: 基礎知識 ::

テレクラでトラブルをよく聞くのが美人局(つつもたせ)です。

美人局とは、雇われた女性や妻や恋人といった女性がそのパートナーの男性と共謀して、カモになった男性から金を巻き上げるというものです。
手口としては、女性がカモの男性といい雰囲気になってホテルなどに入っていざ事に及ぼうかという時に、パートナーの男性が乱入して因縁をつけるのです。
「オレの女に何をするんだ!?」と凄まれて恐喝もどきにお金を巻き上げられたり、静かに「こんな場面が世間に知れたら困ることになるでしょう」と慰謝料という名目でお金を請求されるなどさまざまです。

こんな危険な美人局に出くわすのを避ける方法を紹介しておきましょう。

テレクラで女性からの電話を待っているほとんどの男性の目的は、「セックス」です。
また彼らは、テレクラに電話を掛けてくる女性は全てセックスをしたがっている、と思い込んでいます。
その状況で、女性から電話が掛かってきたなら、すぐに舞い上がってしまうのは仕方のないことかもしれません。
女性は、すぐに会いたいと持ちかけてきます。
もちろん男性に異存はありません。
急いで約束を取り付け、出掛けていく…。

美人局に多いのがこのようなパターンなのです。

援助交際目的以外の女性で相手から「すぐに会いたい」と持ちかける女性はほとんどいません。
一般的に、女性がテレクラに電話する理由は「寂しいから誰かと話をしたい」というものです。
話をしているうちに、この人なら一度会ってみたい、という気持ちになって実際に会うことはあるかもしれませんが、すぐに会って、それもホテルへ行こうなんてことはまずないと考えてください。

美人局のタチの悪いところは、その女性が非常にきれいで魅力的なことが多いという点です。
そんな女性が「すぐにホテルへ行きましょ」と誘ってきたなら、誰が断ることができるでしょう。
でももし、少しでも怪しいと感じたなら、いくら魅力的な女性でも係わり合いになっては火傷をします。

そこで、美人局を見抜く方法ですが、怪しいと思ったなら質問攻めにすることです。
美人局の女性は、雇われていることも多く、美人局のためのキャラを演じている場合があります。
つまり、その女性の実際の「姿」ではないかもしれないということです。
女性に関する質問をしているうちに、キャラを演じることにボロが出たり、質問への答えが以前と違ってきたりすることがあります。
これは、美人局だと考えてもいいでしょうね。

また、会う約束をしたときに、ホテルを指定してきたり、自宅に誘ったりというのも危ないといえます。
そこで、パートナーのオトコが待ち伏せしている可能性が充分考えられます。
ただし、こちらが連れて行ったホテルでも、男性がシャワーを浴びている際に携帯電話でパートナーに連絡を取ることもあるので要注意です

テレクラを利用する際には、このようなトラブルも起こりうるということを頭に置いておくことが必要です。

店舗型テレクラの全盛期!サクラもいたけど女性と出会いやすかった

02.06.2014 (2:49 pm) – Filed under: 体験談 ::

40歳既婚・東京都在住の会社員です!

今でこそテレクラって、出会い系サイトに押されている感じはありますが、以前はスゴいブームが起きたことがありました。
テレクラが全盛期時代に、わたしも初めて利用するようになり、サクラにも騙されることが多かったのですが、それでも女性とイッパイ話も出来たし、会うことだってイッパイ出来ました。

最近はテレクラを利用しても、以前のような活気はありません。
もちろん今でも女性と会うことは出来ていますが、桁が違うというか、活気がぜんぜんあの頃とは違うのです。
当時の賑わいを知っている方は、きっと分かって頂けれると思います。

昔はテレクラにサクラが多かった!

一般で利用している女性も本当に多かったですが、当時はサクラも本当に多くいました。
普通の女性だと思って、一生懸命口説いていると、結果サクラでお金の無駄使いをした!なんてことが何度もありました。
でもサクラのお姉さんとも、実際に会ってセックスを楽しんだことがあります。

サクラだって知らずに、話をしていて、とても気が合い会えることになりました。
実際に会ってから「実は、わたし…サクラ」って言われて知りました。
この経験から、上手くやれば会えるんだ!と思うようになり、それまで毛嫌いしていたのですが、気にせずに会話をするようになったのです。
当時は、本当に多くの女性が利用していたので、一般客と入り乱れていましたね。

昔は店舗型テレクラが沢山あった!

全盛期のころは、お店もあちらこちらにありました。
友人と飲んで、テンションが上がっている状態で、よくお店を見かけることも多かったので、一緒に勢いで入ることも多かったです。
とても人気があったので、入店することも抵抗なく、みんなで行くこともできていました。
今とは全然雰囲気が変わっています。
普通に男同志でテレクラ自分にすると、今では、テレクラの話なんて、とてもじゃないけど話にくい雰囲気になっています。

もう一回ブームが来てほしい!

出会い系サイトも、どちらも利用したことがありますが、ぜったい直接電話で話すことができるテレクラの方が、女の子と会える率は高いです。出会い系は、ぜんぜん会えない。
何度利用しても、本当に会えないので、利用するだけ無駄かなって最近は思うようになりました。
その点、テレクラは今でも会えるのに、以前に比べると、利用している女性が少なくなっているので、ぜひまたブームが起きて欲しいですね。ブームがくれば、もっとキレイな女性との出会いが増えますからね!ぜひそうなって頂きたいものです!